格安スマホで料金はどれくらい安くなるのか?

格安スマホ利用で月額料金はどれくらい安くなるのでしょうか。

株式会社MM総研が2015年6月に発表したデータによると、2015年3月末時点でスマートフォンユーザーの月額利用料金平均は6,342円。
(端末代金は含まず)

それに対し、
○フィーチャーフォン利用者の月額料金平均⇒2,739円
○音声通話対応MVNO SIMカード利用者の月額料金平均⇒3,379円
○音声非対応MVNO SIMカード利用者の月額料金平均⇒1,199円
とのことです。

自分もそうなのですが、「音声非対応MVNO SIMカード」ユーザーはフィーチャーフォンとの2台持ちの人も多そう。
(通話をフィーチャーフォンで行って、ネット端末として格安スマホを使うなど)

上記のフィーチャーフォン利用者の月額料金平均と音声非対応MVNO SIMカード利用者の月額料金平均を足すと、2,739円+1,199円=3,938円となります。

少し乱暴な面もあるかも知れないですが、
チェック格安スマホ1台持ち⇒月額料金平均:3,379円
チェックフィーチャーフォンと格安スマホ2台持ち⇒月額料金平均:3,938円
といったふうに考えて大きな間違えはないのではないでしょうか。

これとスマートフォンユーザーの月額利用料金平均は6,342円を比べると、
○格安スマホ1台持ち⇒約53.3%
○フィーチャーフォンと格安スマホ2台持ち⇒約62.1%
の料金と言えそう。

つまり、「格安スマホはキャリアのスマートフォンと比較して、半分~6割程度の料金で済む」と。

ちなみに管理人の場合、
・フィーチャーフォン月額料金⇒約2,200円
・格安SIM月額料金⇒約970円
で、合わせて3,200円位となっています。

月額料金内に無料通話分も付いていて、通話がそれを超えることはほぼありません。

コメントは受け付けていません。